【ANA空席待ち】プレミアムメンバーの空席待ちより、平会員の変更が優先されるポイント

仕事が早く終わったから飛行機を繰り上げて帰りたい。でも全便満席なので空席待ち。そんな時、空港で平会員が空席待ちを行うと、プレミアムメンバーに次から次へと先を越されていくということはありませんか?そこで、ANAでの平会員がプレミアムメンバーの空席待ちを掻い潜って飛行機を繰り上げる方法をご紹介します。

そもそも空席待ちとは

ここでいう空席待ちとは、希望する便が満席な場合に空港で空席待ちを行うことです。つまり、自分が乗る予定の便よりも前の便に乗りたいので、空席がでたら乗せてくださいという制度です。勿論、変更できるチケット(予約)に限りますので、ほぼほぼビジネスマンが占めるかと思います。

【ANA公式サイト】空港空席待ちについて。国内線の空港・機内でのサービスに関する情報はこちらから。国内旅行のお役に立つ情報が満載。旅の計画・準備はANAのホームページで。

・「予約変更」と「空席待ち」の違い

「空席のある便に予約を変更する」という点に関しては同様ですが、決定的な違いは「チェックインする前か後か」「空席を取るかノーショーの座席を取るか」の2点になります。

<予約変更>:自分の予約便と別便に、締切時刻前に空席がある場合に変更すること。チェックイン前の変更です。変更払い戻し可能な状態。

<空席待ち>:自分の予約便と別便に、締切時刻前に空席がないが、締切時刻後に空席がでた場合変更を希望すること。チェックイン後の変更です。搭乗は決まっており、原則として変更払い戻しは不可な状態。

・空席待ちはプレミアムメンバーのため?

空席待ちは早いもの順ではありますが、それは「種別」の中での話となります。図の通り空席待ちは種別が優先されます。

ですので、プレミアムメンバーであれば平会員より必ず優先されます。(なので皆さんプレミアムメンバーになりたいのですが・・・)

では、平会員はプレミアムメンバーが空席待ちしていた場合はどうにもならないのでしょうか?

平会員が予約を繰り上げるためには予約変更をタイミングよく狙う

空港に着いた時、「あー、せっかく早く空港に着いたのに、前の便全部満席だわー」ってなった時、「とりあえずチェックインして、厳しいけど空席待ちして、ラウンジで時間潰すかー」ってなっていませんか?

ちょっと待ってください‼︎

平会員が予約便を繰り上げしたいならば安易にチェックインしてはいけません。

・予約変更の可能性を残すため、チェックインは慎重に考える

安易に平会員でチェックインしてしまうと、あなたは空席待ちヒエラルキーの最下層入りです。なんなら、プレミアムメンバーが空席待ちで気持ちよく「お先に!」をする為の生贄になるだけです。直ぐにチェックインするのは、空席待ちしている人が少なく、ノーショーも出そうな時のみにしましょう。

空席待ちの人数はWEBで事前に確認できます。

・空席待ちに入った人の「空いた席」を狙う

とはいえ、「そもそも他の便も全便満席なんだから予約変更は無理でしょ?」と皆さんお考えになるかと思いますが、空席が直前に出ることは度々あります。理由は二つあります。

①普通運賃の人がギリギリまで残していた予約を解約・変更する

②空席待ちで前の便に移った人の、元々の予約分(座席)が空く

この中でも、②はかなり多いと思います。なぜならば、3時間も4時間も予約より早く空港に来る人はいませんが、ビジネスマンならば1、2時間余裕を持って予約を取っており、早く着いたら1、2本早く帰りたいと思って空席待ちをしていることが多いからです。つまり、空席待ちで変更する人は1、2本後続便から変更しているでしょう。その分、空席待ちでの変更が出た場合は、直後便の空席が出ることが多いです。

ちなみにですが、①はほぼないでしょう。万が一ギリギリでキャンセルし忘れれば払い戻し手数料が高くなりますので。また、ビジネスマンは法人チケット利用が多いので、キャンセルしなくても手数料がかからず予約を放置するケースが多々あるかと思います。この場合、ノーショーとしてキャンセル待ちに回されます。

・空席待ちで移った人の座席は、次の空席待ちにはキープされない

ここがこの記事のミソで、多くの方が勘違いしている点だと思います。

「空席待ちは、チェックイン締切後に空席があった場合に変更を受け付ける」という制度です。言い換えると「ノーショーがでた場合に変更できる」制度です。だって、予約変更可能な人のチケットなんだから、満席でなければチェックイン前にさっさと変更しますよね。

しかし、空席待ち制度の盲点は、「チェックインした後に空席がでた場合は優先されない」という事です。なぜならば、チェックイン後は原則として予約変更は認められませんから。

ひと昔前までは、スマホで締め切り直前まで空席を確認できるという事はほぼなく、予約変更はカウンターで「前の便空いてますか?」と確認しないとなりませんでした。なので、空席待ちで空いた座席は次の空席待ちまでの1時間そのままということはざらだったでしょう。しかし、時代は流れ、そういった仕組みの隙間を縫えるようになりました。

・いつ、予約変更可能な「空席」は出るのか?

では、平会員が空席待ちに入った人の「空席」を見つけるのはいつでしょうか?それは、自分が予約変更したい便の更に1便前の締切直後です。

先に書いた通り、前便に空席が出るのは、前々便のノーショーが確定し空席待ちが認められたタイミングのためです。

ちなみに、前々便が出発した後は、早々にチェックインして空席待ちするしか方法はありませんのでご注意ください。

【まとめ】

・満席日に、予約便を繰り上げようとする場合はチェックイン前に空席待ち状況を確認する。

・空席待ちが多い場合は、予約変更による繰り上げを狙う。

・予約変更を狙うタイミングは、変更したい便の更に前便の締切時刻あたり

・前々便が出発した後は、早々にチェックインして空席待ちしましょう

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする